クレジットカード 審査

なぜクレジットカードの審査があるのか

クレジットカードは、商品を購入したい、サービスをうけたいときに現金でその場で支払うことなく料金決済が出来るのです。

そのお金は翌月に銀行引き落としになります。
どうしても欲しい物あったとき、現金を尾持ち合わせていないときにはとても有効なカードなのです。
料金をクレジット会社が先払いして、銀行から翌月引き落とすのです。
個人の信用がないと出来ないシステムなのです。

 

このクレジットカードは誰でも持てる訳ではありません。

 

 

クレジットカード会社の審査が通る事でカードを利用する事ができるのです。
その審査はカードの種類、カード会社にもよりますが、一般には、毎月の収入がある会社員であれば、審査が通るのです。
しかし、裏にはいろいろな条件があり、条件をクリアしないといけないのです。


その目はまず毎月の一定金額の収入があることです。
そしてその収入はどこで得られるかです。
アルバイトでは審査が少し厳しくなります。
契約社員、正社員である事が必要なのです。

基本的には書類に記入する自己申告になります。
記載内容に嘘があってはだめなのです。
書類のチェックにおいては、会社の事業所へ連絡して、本当にその人が在籍しているかの確認電話がされます。
ひとつでも過った記載がありますと審査は通りません。
ですので、嘘の記載は絶対だめなのです。


また、記載において、誤字、脱字もあまりよい印象にはありません。
記載チェックをカード会社の社員は行いますが、気をつけましょう。

そして、住所、電話番号です。
住所においては持ち家であれば問題ありません。
住宅ローンなどはいいのですが、消費者金融などでの借金があると引っかかる可能性があります。

借金についても支払いに遅延があった、ブラックリストに乗るような債務整理がしたとなると、クレジットカードの審査に通ることはありません。

 


カード会社は1ヵ月の間個人を信用して代金を先払いするのです。
利用者の信用をいろいろな面から確認するのです。

大注目のサイトはコチラ>>>即日キャッシング